【プラグイン】アンプシミュレーターソフトのおすすめを網羅的に比較

こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。

近年、高品質なアンプシミュレーターソフトの選択肢が増えています。当記事では定番からマニアックなものまで、おすすめのアンプシミュレーターソフト(プラグイン)を網羅的に比較紹介します。

※本記事は有料製品のみに絞って取り上げていますので、フリーのアンプシミュレーターについてはこちらを御覧ください。

アンプシミュレーターとは?

はじめに、アンプシミュレーターとは何かや、この記事の趣旨についての話をしたいと思います。

アンプシミュレーターとはその名の通り、ギターアンプやベースアンプの音をシミュレート・再現して鳴らす機材です。

本物のアンプを使わずにデジタルシミュレートによって再現したアンプの音を鳴らすというのがポイントですね。

アンプシミュレーターにはハードウェアソフトウェアの製品があります。

用途で概ね以下のように棲み分けることが出来ます。

  • ハードウェア:バンドマン向け
  • ソフトウェア:DTM向け

ハードウェアアンプシミュレーター

ハードウェアだとバンドマンなら KemperAxe-FX といった名前を聞いたことがあるかも知れません。お金のあるギタリストがライブやレコーディングに使っていたりしますね。

これらは実機アンプやエフェクターと同じような筐体を持ち、その中にアンプシミュレーター機能が入っているものです。

これらは1台でいくつものアンプの音が再現出来るほか、実機アンプと同じような使い方が出来たり、且つラインでも使えるのが強みです。

ソフトウェアアンプシミュレーター

一方、ソフトウェアのアンプシミュレーターは DAW または PC 上でプラグインとして動作するものです。

こちらは宅録 DTMer でもパソコン上で手軽にリアルなエレキギターやエレキベースの音を楽しめるのが強みです。

打ち込み音源にも使える点や、筐体がないのでハードウェアに比べて安いという点もメリットになります。

デメリットとしてはパソコン上でないと使えない他、音質がイマイチ…という点がありましたが、ここ数年で音質がかなり進化していて、本物のアンプで REC したものと遜色ないクオリティが出せるようになってきています。

この記事の趣旨

この記事では、DTMに最適なソフトウェアアンプシミュレーター(プラグイン)についておすすめを紹介していきます。

近年は高品質な製品が続々と出てきており、色々な選択肢を知って欲しいという想いから数を多めに網羅的に紹介しています。

ここでは選択肢を羅列するように挙げていき、各製品の詳細は個別レビュー記事に記載しています。

基本的に筆者が良いと思ったものは全部紹介するスタンスでいきますので、長いですが是非お付き合いください。

総合型アンプシミュレーターソフト

ジャンルやアンプメーカーなどを跨いで多くのアンプモデルを扱える、これ1つ買えば多くの用途に対応できる、そんな製品を総合型としています。

Positive Grid – BIAS FX

総合的に見ると、現時点で最もおすすめしやすいのが Positive Grid の BIAS シリーズ(BIAS FX / BIAS AMP)です。

音が良く、機能が豊富かつ全ジャンル対応、そしてお値段も安めです。

BIAS FX は、下述する BIAS AMP のアンププリセットとエフェクター類を組み合わせたフルパッケージ製品になります。

BIAS AMP のプリセットが予め収録されている事に加え、搭載されているエフェクターもクオリティが高いです。

エフェクトも含めたプリセットが使える BIAS FX は BIAS AMP 以上に初心者フレンドリーなので、こちらを先に紹介しました。

商品情報

Positive Grid – BIAS AMP

BIAS AMPのイメージ

Positive Grid の BIAS シリーズでも、BIAS AMP はアンプ部分に強くフォーカスした製品です。

プリアンプやパワーアンプ、整流管などアンプの内部から詳細に設計・カスタマイズが出来るという点が特徴で、物理モデリングの極みのようなソフトです。

作ったアンプモデルは BIAS FX に読み込んで使うことが可能です。

アンプ好きも唸るマニアックさではありますが、プリセットが豊富で、Tonecloud というユーザー間でプリセット共有できるシステムもあるので初心者でも使いやすいです。

また、BIAS AMP で作ったプリセットをインストールして使えるハードウェアも存在しているのでバンドマンにもおすすめです。

商品情報

STL Tones – STL ToneHub

STL ToneHub はプリセット/プロファイリング型のアンプシミュレーターです。

Kemper などのプロファイリングで培った技術をソフトウェアに落とし込んだものというか、言うならばプラグイン版 Kemper といった感じのものです。

今のところモダンメタル系が強い印象ですが、有名アーティストやプロデューサーによるプリセットが多数販売されており、「あの作品のあの音」をすぐに鳴らすことが出来る点も良いです。守備範囲は今後広くなっていくでしょう。

本物の音をキャプチャしているので当然ながら音はメチャクチャ良く、個人的にもデモ利用したのち即購入してしまいました。

商品情報

STL Tones – STL AmpHub

同じく STL Tones から、こちらの AmpHub はモデリング型の総合パッケージです。

Amplitube などと同じように個別でアンプやエフェクターを買い足していくことが出来ますが、月額$10でフル利用できるサブスクリプションもお得です。

STL Tones らしい高音質は勿論のこと、プリセット型の ToneHub とは違ってアンプとキャビネットを自由に組み合わせられるのが良いですね。

商品情報

Overloud – TH-U

Overloud TH-Uのイメージ

近年高品質な Gem(プラグイン)で話題になることが増えてきた印象の Overloud 社が手掛けるアンプシミュレーターが TH シリーズです。

Amplitube や BIAS FX と同様に多数のアンプモデルやエフェクト類がオールインワンになったフルパッケージ製品ですが、TH-U はその収録数がとにかく多いです。Randall など一部公式のモデルも収録されています。

また、実際に実機を鳴らした音をキャプチャしたプロファイリングデータが別途配布されており、これらを使って限りなく実機に近いサウンドを鳴らすことが出来ます。

モデリングとプロファイリングの両方を使えるのは今のところ TH-U だけです。

商品情報

以下は、収録モデルを絞って価格を下げた各種バーションです。

IK Multimedia – Amplitube

Amplitubeのイメージ

長い間ソフトアンプシミュレーター界をリードしてきたのが IK Multimedia の Amplitube です。

アンプ・キャビネット・エフェクターが1つになったフルパッケージの製品です。Custom Shop という機能を使って各モデルを単体で購入することも出来ます。

Orange や Mesa-Boogie などアンプメーカー公式のモデリングを多数扱っているのが面白いです。好きなアンプメーカーの好きなモデルを使えるので機材好きにとっては嬉しいです。

近年は他のアンプシミュレーターに押され気味ですが、2020年になって5世代目となる Amplitube 5 が発表されたので巻き返しに期待したいです。

商品情報

基本パッケージが「無印」になります。

IK Multimedia Amplitube 4

拡張パックも含めた全部入りが「MAX」

以下は拡張パックですが、これだけ単体で買っても使えます。他にも色々ありますので気になる方は公式などをご覧ください。

単品・特化型アンプシミュレーターソフト

単一のアンプの製品や、特定のテーマ・ジャンルに特化した小規模のパッケージ製品をこの枠で紹介します。

JST – Toneforge

Toneforge Misha Mansoorのイメージ

Joey Sturgis Tones (JST) 製のアンプシミュレーター Toneforge シリーズ。(ベースアンプは Bassforge です)

JST の代表である Joey Sturgis 氏はメタルコア界隈の有名プロデューサーで、Toneforge シリーズでもハイゲイン系の強力なアンプシミュレーターをラインナップしています。

2000年代後半以降のメタルコアや Djent などのコラージュ的なサウンドを支えたノウハウが詰まっているので、良い意味で作り物感や製品感の強い質感が強みと言えます。

著名なギタリストとのコラボモデルもあり、Periphery の Misha Mansoor とコラボしたモデルなどが界隈では有名だと思います。

商品情報

メタルコアバンド Asking Alexandria の Ben Bruce モデル。

Chelsea Grin や Born Of Osiris などを渡り歩いた Jason Richardson モデル。

以下はオリジナルモデルです。

Neural DSP 製品各種

Neural DSP という最先端系のモダンハイゲインなプラグインを中心に販売している尖ったデベロッパーがいます。

Omega Ampworks や FORTIN など、その界隈のマニア以外あまり聞き慣れない新鋭のモダンハイゲインアンプをプラグイン化して扱っています。

Tosin Abasi (Animals As Leaders) や Plini のコラボモデルがあったり、ラインナップ全体的に最先端のモダン / Djent / プログレ系といった色が強めです。

各製品ともハイファイでバキッとクリアな感じに強みがありますね。

なかなか尖っていますがクオリティは非常に高く、どの製品もちょっと鳴らしただけで「あ、良い…」と思わされる圧倒的な品質感があります。

商品情報

公式サイトから購入可能です。

STL Tones – Tonality

STL Tones がアンプシミュレーター界に進出し、2018年末頃から展開を開始したのがこちらの Tonality。

Andy James や Will Putney といった、モダンメタル界で実績のある著名人のシグネチャーという形で強力な小規模パッケージ製品を展開しています。

メタル界の著名人と多数関わっているデベロッパーだけあり、ハイゲイン系の品質は折り紙付きです。密度と安定感のある上品なハイゲインサウンドが印象的です。

商品情報

Plugin Alliance (Brainworx) 製品各種

Plugin Alliance アンプシミュレーター各種

ミキシングやマスタリングのプラグインにこだわりたい人が行き着くであろう Plugin Alliance にて、アンプシミュレーターの販売も行っています。

ENGL、Diezel、Freidman、Ampeg など、著名な実機アンプのプラグインを単体販売しています。

開発・モデリングは brainworx という品質に定評のあるデベロッパーが担当しており、納得の高品質です。立体感や解像度感が高く、傾向としてはリアル志向です。

また殆どの製品は UAD としても販売されています。

商品情報

Softube – Marshall Amps 各種

Softube製Marshallアンプシミュレーターのイメージ

最も有名なギターアンプは何かと問われれば、Marshall と言い切ってしまって過言ではないと思います。

そんな Marshall と正式にパートナーシップを結び、公認のアンプシミュレーターを開発しているのが Softube。2020年以降、特に強力なモデリングアンプが多数発表されています。

伝説のヴィンテージマーシャル Plexi Super Lead 1959(通称「プレキシ」)や Silver Jubilee 2555 など…往年のロック・メタル好きが唸ること間違いなしなマーシャルアンプがプラグインで手に入ります。良い時代ですね。

中でもスラッシュメタルのレジェンド Slayer の Kerry King シグネチャーモデルは、Djent 系が多いハイゲインアンプシミュレーター界隈では異端かつ貴重な存在に思います。

品質はさすが Softube といった感じで、ちょっとデモを聴いただけでもびっくりするくらいリアルで良い音をしています。

マーシャルらしい高域のジャキジャキ感とか凄く再現されているし、かなり立体感があり生々しい音です。スタジオに置いてあるくたびれたマーシャルではない高音がギラッとした本物っぽいマーシャルの音がして素晴らしいですよ。

商品情報

↓筆者個人的にはまだ様子見なのですが、Amp Room というフルパッケージ系製品も同時期に発売されています。

ML Sound Lab – Amped シリーズ各種

2020年に入って高品質なアンプシミュレーターを連発している ML Sound Lab という新進気鋭のデベロッパーがいます。

ここのアンプシミュレーター「Amped」シリーズは比較的リーズナブルでありながらも上記の Neural DSP や STL Tones などに真っ向勝負できる感じのモダンクリア系アンプシミュレーターです。

Dover Amps というブリティッシュ系のブティックアンプをモデリングした「Amped Super Duper」や、Mesa/Boogie Mark V の「Amped ML5」、PRS Archon の「Amped Ark」など、ラインナップも高品位。

商品情報

Nembrini Audio 製品各種

Nembrini Audio 製品各種

Nembrini Audio は、Brainworx (Plugin Alliance 製品各種) のアンプシミュレーター開発に携わっているデベロッパーで、自社製品も品質が高いです。

どれも公式モデリングではないですが、Marshall JCM800 をモデリングと思われる MRH810 (上記イメージのもの) 、Soldano SLO100 と思われる BST100、Peavy 5150 と思われる 8180、Rectifier 系と思われる Cali Reverb などハイゲイン系のラインナップが充実しています。

傾向は Plugin Alliance 製品と近く、こちらもリアル志向ですね。

商品情報

Waves – PRS SuperModels

Waves とハイエンドギターメーカーの PRS (Paul Reed Smith) が共同開発したアンプシミュレーター、その名も PRS SuperModels。

Devin Townsend 氏によるデモ動画が凄いですね。PRS らしい上品さもあってめっちゃ綺麗です。

特定のアンプのモデリングではないですが、クリーン、クランチ、リードと3種類のアンプを収録し、お値段も定価で1万円台(Waves なのでそこから更に値引きになっている時も多い)と安価です。

商品情報

Kuassa 製品各種

Kuassa Amplifikation Caliburnのイメージ

少しマイナーですが、インドネシア発の Kuassa を紹介します。

安価で高品質なアンプシミュレーターやエフェクター系プラグインを販売している隠れ良デベロパーといった感じ。全体的に Amplitube 系のサッパリした音で扱いやすいです。

Marshall アンプ3種類をモデリングした Amplifikation Caliburn(上記イメージのもの)や、Fender アンプ3種類をモデリングした Amplifikation Matchlock が特におすすめです。

商品情報

商品展開がいろいろありますので、公式のリンクを貼っておきます。各種プラグインショップでも取り扱っています。

Audio Assault 製品各種

メキシコのデベロッパーです。メタラーだと Nuclear Assault や Blutal Assault とごっちゃになるかも知れない(?)

ミキシング系プラグインとアンプシミュレーター系を半々くらいで扱っているデベロッパーで、オリジナルモデルのアンプシミュレーターを中心に複数モデルの展開があります。

メキシコというと、メタリックハードコアやゴアグラインドなど、メタルの中でも特に過激なジャンルが盛んなイメージがありますが、そんな土地柄かラインナップはほぼエクストリームメタル系です。ブルータルなサウンドを好む方におすすめ。

各製品が値下げになっていることも多く、コスパも良いです。

商品情報

その他

Blue Cat Audio – AcouFiend

アンプシミュレーターそのものではなく、アンプシミュレーターと組み合わせて使うものになるのでその他枠とします。

これまで DTM(ITB)では再現不可能だった、ギターのフィードバックノイズを鳴らすことが出来るプラグインです。

ニッチではありますがあると表現の幅が広がります。特にバンドマンから DTM に流れた方には嬉しい機能のプラグインではないかと思います。

商品情報

AMR – Revalver

Revalverのイメージ

6505や旧5150でお馴染みのアンプメーカー、Peavey がかつて販売していたアンプシミュレーターが Revalver です。

2019年くらいから、AMR というデベロッパーに引き継がれて新バージョンの開発を進めている模様です。

少しずつ商品展開がされてきているようなので、今後に期待したいですね。

商品情報

非推奨

Waves – GTR3

Waves GTR3のイメージ

GTR3 は、Waves のプラグインバンドル(Gold 以上)を買うと付いてくるので、持っている方も多いと思います。

PRS Supermodel の礎となったレジェンドプラグインではありますが、発売が2007年とかなり前の製品なため、現代の基準で高品質とは言えません。というかかなり厳しいです。

工夫して無理矢理使う事も出来なくはないですが、あくまでバンドルのおまけ程度に考えるべきでしょう。

Native Instruments – Guitar Rig

Guitar Rig 5のイメージ

Native Instruments 製のアンプシミュレーター、Guitar Rig の魅力は「Komplete を買うと付いてくる」という点です。

「Guitar Rig 5」は色々なメディアで見かけますが、発売は2011年で、現在の基準で音が良いとは言えません。

現在は「Guitar Rig 6」がリリースされて戦えるクオリティに進化したものの、他に良いアンプシミュレーターが多数ある中で敢えて選ぶ理由は見つけにくいです。単体で買うと値段も高めなので。

あくまで Komplete を買うことが目的なら一緒に付いてくるものとしては十二分です。しかし、「アンプシミュレーターを購入したい」という目的の選択肢には依然として入りにくいでしょう。

結局どれを買えば良いの?

迷うイメージ

色々なアンプシミュレーターがあるのは分かったけど結局どれを買えば良いの?

多くの選択肢を提示させて頂きましたが、選択肢が多いとかえって決断に迷ってしまう事もあると思います。

選択肢に迷ってしまうという方に1つだけ勧めるとすれば、BIAS FX が無難です。

音質、扱いやすさ、守備範囲やバリエーション、プリセットや tips の豊富さ、拡張性…この辺りを総合的に考慮すると最もバランスが良く、初心者でも安心だと思います。

もしくは、敢えて買う選択肢としては非推奨としていますが、Komplete を買ったついでに Guitar Rig を使い倒すというのもありです。何買えば良いかわからなかったり強い拘りがなければこれで十分な可能性もあります。

ちなみに、筆者の個人的趣向で1位を挙げるなら、STL ToneHub です。

次点が Plugin AllianceNeural DSPML Sound Lab か…この辺りから作りたいものに合ったものを選びますね。

とはいえ、可能ならば自分の用途や好みに合ったものを見つけて入手して頂きたい次第ではあります。

さいごに

いかがでしょうか。アンプシミュレーターソフトの傾向として昔からメタルやハイゲイン系が強いのですが、最近はさらに強くなっています。

勿論ハイゲイン系以外も進化が目覚ましいです。2010年代末くらいからアンプシミュレーター戦国時代みたいになっている気がする(笑)

用途的に事足りるのであれば、純粋に音質を求めて実機を買う必要はもはやないと言って過言ではないと思います。それだけ良質なアンプシミュレーターが増えています。

気になったものがあれば是非デモるなり買うなりして使ってみてください。

多くの選択肢を提示している理由

余談ですが、当記事では何故こんなに沢山の選択肢を提示しているのか?についてです。

この分野、調べて出てくる情報は一部の著名な製品に関するものばかりですが、良いものは他にもあるという事を伝えたいんです。

冒頭にも書いたとおり、近年は高品質な製品が続々と出ていて、BIAS や Amplitube だけが圧倒的に強い時代はもう終わっています。

私自身の経験として、かつては調べても調べても、深い情報に辿り着けませんでした。どこのメディアでもだいたい取り上げている製品は同じものばかりで…。

そんな思うところもあって、このエントリーでは当時の自分が欲しかった情報を提供出来るようにと考えています。

情報を求め調べている方には、なるべく可能性を広げられるようにコンテンツの選択肢を知って欲しいという想いがあります。

まだまだ至らぬところも多くあると思いますが、少しでも機材探しのお手伝いができれば幸いです。