【Neural DSP】Fortin Nameless Suite レビュー

こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。

Neural DSP のアンプシミュレーターソフト、Fortin Nameless Suite を紹介します。とんでもないものをプラグイン化してくる Neural DSP 最高です。

Fortin Nameless Suite とは

Fortin Amplification というハイゲイン・ブティックアンプメーカーのアンプとエフェクターをモデリングしたアンプシミュレータープラグインです。

ブティックアンプというのは手作業などによる少量生産のこだわりの高級アンプというイメージですが、とりあえず Fortin という知る人ぞ知るマニアックなブツをプラグイン化するあたり、さすが Neural DSP と思う所存。

Fortin Nameless Suite でモデリングされているアンプは恐らく Fortin Meshuggah というアンプです。そのまんま過ぎる名前ですが、スウェディッシュプログレデスメタルバンドの大御所であり Djent 教の神様である Meshuggah 大先生のシグネチャーモデルです。

Meshuggah の名前が使えなかったので Nameless(名無し)になってしまったんでしょうか…。Fortin Meshuggah の公式を見て比べて頂ければ分かりますが、Nameless Suite のアンプ GUI はここから Meshuggah の文字が無くなったものになっています。

なおアンプモデル以外の仕様は Fortin NTS Suite とほぼ同じになり、Fortin のイカツいペダル3種類とキャビネットシミュレーターがセットになっています。

特徴と使い方

Fortin Nameless Suite は、ペダル、アンプ、キャビネットの3つのセクションに分かれています。順番に見ていきましょう。

ペダルセクションです。ここは NTS Suite と全く同じになりますが、Zuul、Hexdrive、Grind という3種類のペダルを扱うことが出来ます。これらも実機で買おうとすると高額かつ日本での入手性も良くないので、ここだけでもアツいです。

Zuul は見た目が一番イカツイですがノイズゲートです。プラグインのガワの部分にもゲートは搭載されていますが、スピード感などで好みの方を使える感じです。せっかくモデリングされているのでこちらを使いたいところ。

Hexdrive と Grind はオーバードライブ/ブースターです。前者は TS 系で、後者はかなりエッジィな高域特性でギャリギャリギョリギョリな感じになります。

Meshuggah から Meshuggah の文字列を取った名無しアンプのセクションです。一見 Friedman あたりを思わせる改造プレキシマーシャルっぽい見た目が格好良いアンプです。

ハイゲインの1チャンネルのみでツマミも基本的にオーソドックスな仕様です。

ゲインのみ特殊な仕様になっていて、 GAIN I と GAIN II の2系統があり歪みのキャラクターを細かく調整できます。インプットをローにすると GAIN II のみの作動になります。

キャビネットセクション。キャビは1種類ですが、マイクは6種類から選べてポジションの調整も可能で更に2系統混ぜることも出来るようになっています。

カスタム IR Loader 機能も備わっており、サードパーティの IR を読み込ませて使用することも出来ます。

もはやメシュガー

音についての感想になりますが、いやこれ凄いですね。

Meshuggah の音になりますよ。

以上!で終わっても良いんじゃないかと思えるレベルで Meshuggah の音が手に入ります。

これがあれば誰でも Meshuggah になれ…はしませんが(相当な演奏技術が必要なのでね…)誰でも Meshuggah っぽい音が簡単に出せるようになります。

具体的にはですね、8弦などの超低音の単音をブライトで輪郭ゴリゴリにバキッと鳴らす事に最適化された、かなり高域重視のサウンドです。

一言でいうとギャンギャン系で、マーシャル由来のキラキラした鋭い高音をこれでもかと強調しつつ、低域~中低域はスッキリと、というかペラペラにならないギリギリまで抑え込んだサウンドです。

BASS はかなり持ち上げてもあまり出ませんし、ふくよかさや厚みもほとんどなく、ひたすらスッキリと綺麗に明瞭に「パキン!」と高域が突き抜けるハイゲインサウンドです。

これはローチューニングのギターでないと高音モンスターになってしまいやすそうですが、ゲインをかなり抑えるとプレキシっぽい音も出てしかも結構良い感じなので綺羅びやかなクランチサウンドを奏でるのにも使えそうではあります。ただしかなりクセは強いですね。

まとめ

ということで、Fortin Nameless Suite、思っていた以上にマジで Meshuggah の音になってびっくりでした。

というか元が Meshuggah のシグネチャーアンプのモデリングだということも当初は知らず、こんなにメシュガーメシュガー言うつもりもなかったのですが^^;

Meshuggah 神のあの機械的なサウンドは8弦ギターにこういう音作りを施すことによって実現するんですね。そしてこれが Djent に繋がっていくと…勉強になります。

個人的には Djentleman ではなく、ハードコア由来の太くパンチのあるサウンドを好むので購入は見送りましたが、さすがは Neural DSP ということもあってクオリティの高さは半端ないので、Djent や Meshuggah が好きな方にとっては圧倒的最強のアンプシミュレーターに成り得るでしょう。

商品情報

Neural DSP 公式サイトから購入できます。

合わせてどうぞ