BIAS AMP と BIAS FX の違いとは?【まとめ】

こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。

アンプシミュレーターの人気機種といえば Positive Grid の BIAS シリーズです。しかし、BIAS AMP と BIAS FX の2機種があってどちらを買えば良いのか迷う事もあると思います。というわけで今回はこの2機種の違いについてまとめました。

BIAS AMP とは

BIAS AMP

BIAS AMP は、アンプ部分に特化したアンプシミュレーターです。

搭載されている機能としては、アンプヘッドとキャビネットのみになり、基本的にエフェクター類はありません。(簡単なリバーブとEQくらい)

しかし、その代わりにアンプの内部設計から詳細にカスタマイズすることが出来ます。

プリアンプやパワーアンプやトランスなどを数種類から選ぶことが出来、その中の真空管の種類を何にするかや、内部のイコライジング、BIAS 値など…アンプの中身を色々と弄ることが出来るんですよね。

プラグインなので、実機でやったら壊れてしまうような極端な設定も可能です。

これによって、自分だけのオリジナルアンプを作ることが出来る、というのが BIAS AMP の大きな特徴です。

また、Amp Match という機能があり、ギタートーンのサンプルデータがあれば、それをキャプチャしてプリセット化する事が出来ます。そんなサンプルデータどこから用意するんだという疑問はありますが、この機能を使えば Kemper のようなプロファイリング型のアンプシミュレーターに近い事も出来ます。

正直なかなかマニアックではありますが、プリセットが豊富に用意されている他、Tonecloud でユーザーが作ったプリセットを DL することも出来るので、「よく分からなくて使いこなせない」という事にはなりにくいです。

更に、BIAS Head / BIAS Mini というハードウェアと連携して自分のオリジナルアンプやお気に入りのプリセットを実機アンプとして使用することも出来ます。

BIAS AMP の関連記事

BIAS AMP の商品情報

Standard, Professional, Elite の3バージョンが存在します。

Standard は一部の設定項目だけを搭載した実質的に簡易版のようなグレードなのでお試し用といった感じです。

おすすめは Professional。これが実質的なフルバージョンです。

Elite は、Professional にキャビネットの拡張パック「Celestion Vintage Pack」が付いたものです。

BIAS FX とは

BIAS FX

BIAS FX は、アンプとエフェクター類がセットになったアンプシミュレーターです。

アンプとエフェクターを自由にルーティングして、エフェクトを含むギタートーンをプラグイン内で完結させることが出来ます。

そう、Amplitube や Guitar Rig 等のような、一般的なアンプシミュレータープラグインの形態に近いのは実はこちらの方です。

「FX」という名前からエフェクターしか使えないのかと疑問に思うかも知れませんが、ちゃんとアンプも使えますのでご安心を。

アンプについては、BIAS AMP のプリセットが予めいくつか収録されていますので、基本的にそれらを使えばOK。

もし BIAS AMP を持っていれば、自分で作成した BIAS AMP のプリセットを BIAS FX に読み込んで使うことが出来ます。

BIAS FX 内でアンプの内部をカスタマイズすることは当然出来ませんが、アンプヘッドとキャビネットの組み合わせは BIAS AMP のプリセットから自由に変更することが出来ます。

また、BIAS FX には Guitar Match という少し変わった機能が搭載されています。

BIAS FX の Guitar Match

これは、手持ちのギターの音を BIAS FX 上で別のギターの音に変えてくれる機能です。

手持ちに安いストラトキャスターしかなくてもヴィンテージのレスポールの音が鳴らせたりするわけです。音作りに拘るギタリストの方なら竿にも拘っている事とは思いますが、初心者の方には嬉しい機能かも知れませんね。

BIAS FX の関連記事

BIAS FX の商品情報

BIAS AMP と同じく Standard, Professional, Elite の3グレード展開です。

BIAS FX では、グレード高くなるほどに使えるエフェクターやプリセットの数が増えていきます。

やはり Standard は簡易的な感じで、Professional でひと通り必要そうなものが網羅されています。Elite は更に多くのエフェクターを使いたい人向けですね。

BIAS AMP と BIAS FX の違いまとめ

いかがでしょうか。BIAS AMP と BIAS FX にはこのような違いがあります。

勘違いしやすいのが BIAS FX はエフェクター専用だと思ってしまうパターンかと思いますが、寧ろこちらの方が一般的なアンプシミュレーターに近いというのがポイントでしょう。

なので、もし初心者の方が最初に買うなら BIAS FX の方がおすすめです。ちょっと簡単に良い音を出したいだけなら FX だけでも十分です。

もちろん、BIAS というアンプシミュレーターを使い倒したいなら BIAS AMP も必須です。BIAS AMP と BIAS FX を組み合わせて使う事こそがこのシリーズの醍醐味といえるでしょうから。