【eX.computer】ツクモ(TSUKUMO)のBTOパソコンをDTM目線で紹介

こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。

ツクモ(TSUKUMO)という大手パソコン専門店の BTO パソコン「eX.Computer」から、DTM 用途を想定したおすすめのモデルを紹介していきたいと思います。

ツクモ(TSUKUMO)とは?

ツクモ(TSUKUMO)は、秋葉原に拠点を置くパソコン専門店です。

創業50年以上になる老舗で、日本で最も歴史が長いパソコンショップらしいです。ちなみに一度倒産して、その後はヤマダ電機の子会社が事業を引き継いでいます。

拠点となる秋葉原に店舗が沢山ありますが、実はそれだけでなく大阪や名古屋などにもチェーン展開しています。勿論オンラインショップもありますよ。

eX.computer とは?

ツクモ自体は総合パソコンショップといった感じで、メーカーもののパソコンやパソコン関連製品等も幅広く取り扱っています。

そのためなのか BTO パソコンについては、「eX.computer」という自社ブランドを立てて、その中で展開しています。

つまり、ツクモの BTO パソコン = eX.computer です。

BTO パソコン界隈の中では、無難な選択肢といった感じで、初心者~中級者向けといった印象のブランドです。

なお BTO パソコンについては下記記事を参考にして頂ければと思います。

ツクモ(TSUKUMO)のおすすめポイント

  • パソコン専門店としては大手である
  • コストパフォーマンスは良い方
  • 10万円台のマシンが充実している

ツクモ自体パソコン専門店や BTO の界隈では有名なショップですが、加えてヤマダ電機傘下ということもあって、大手企業の身近さや安心感があります。

サポートも充実していますし、ショップがあれば出向いていくことも可能。出張修理サービスなどは小さなショップでは出来ない事ですよね。

コスパに関しては、BTO 界隈の中でブッチギリというわけではないものの安めの部類です。安心感と合わせると手を出しやすい塩梅。もちろん BTO なのでメーカーパソコンよりは大幅に高コスパです。

また商品ラインナップは10万円台のミドルクラスマシンが充実しています。DTM 用のパソコンを選ぶ上でのボリュームゾーンでもあるので良いですね。

ただし、グラフィックボード未搭載だったりメモリに余裕を持たせていないマシンも多いので、必要に応じてカスタムオーダーは駆使した方が良さそうです。

ツクモ(TSUKUMO)のおすすめパソコン

ということで、ツクモの eX.computer から DTM 用途を想定したおすすめパソコンを紹介していきたいと思います。

極力カスタムオーダー無し又は最低限のカスタムで購入して間違いなさそうなものを厳選してピックアップしています。

なお、パソコンの選び方やスペックについては下記記事で解説していますので必要でしたら参考にしてください。

WA5A-B193/T

  • CPU:Ryzen 5 3600
  • メモリ:16GB
  • グラフィック:GeForce GTX 1050Ti
  • ストレージ(メイン):240GB SSD
  • ストレージ(サブ):1TB HDD
  • 価格:104,800円(税抜)~

DTM 用として最低限のスペックを担保しつつ、なるべくコストを抑えたい…という場合に非常におすすめなのがこちら。

非常にバランス良く「DTM 用途の最低限」が揃っており、お値段も10万円とちょっとという最低限な価格感です。

DTM 入門用にも最適なスペックと言えそうです。

QM7J-B194/T

  • CPU:Core i7-9700
  • メモリ:16GB
  • グラフィック:Quadro P620
  • ストレージ(メイン):1TB HDD
  • ストレージ(サブ):-
  • 価格:129,800円(税抜)~

全体的に非常にバランスが良いのがこちら。

DTM 的に必要にして十分なスペックで、グラフィックボードは安定動作で制作作業に最適な Quadro が入っています。お値段も10万円代前半(税込で半ば)でバランスが良いです。

ストレージが HDD のみなのが玉に瑕なので、カスタムオーダーで SSD を追加するとより最高のバランスになります。(SSD を追加する場合はメインストレージを SSD に変更してくれます)

WA9A-E200/XT

  • CPU:Ryzen 9 3900X
  • メモリ:16GB
  • グラフィック:GeForce GTX 1650
  • ストレージ(メイン):500GB SSD
  • ストレージ(サブ):2TB HDD
  • 価格:172,800円(税抜)~

10万円台で買えるハイスペックマシンです。

Ryzen 9 3900X というかなり強力な CPU を搭載していながらこのお値段は素晴らしいですね。

ストレージ容量も十分なのが良いですね。

メモリについては16GBで特に問題はありませんが、ハイスペックさをフルに活かしたいなら増強するのもアリです。

WA9J-F200/XT

  • CPU:Core i9-10900X
  • メモリ:32GB
  • グラフィック:GeForce GT1030
  • ストレージ(メイン):240GB SSD
  • ストレージ(サブ):1TB HDD
  • 価格:184,800円(税抜)~

こちらもギリギリ10万円台…といっても税込みで20万円程になりますが、DTM 用途に非常にバランスが良く安価なハイスペックマシンです。

Core i9-10900X というこちらもかなり強力な CPU に加え、メモリ余裕のある32GB仕様となっている点がポイントです。

その代わりにグラフィックボードとストレージ容量が最低限になっています。グラボは DTM 的には最低限で良いですが、ストレージは必要に応じて増量しても良いかも知れません。

まとめ

いかがでしょうか。

デフォルト又は最低限のカスタムオーダーでの購入に縛って厳選した結果、上記のマシンたちを紹介せて頂きました。

自分でスペックを調整してカスタムオーダー出来るなら選択肢は大幅に広がりますね。(まあ広がれば良いというわけでもありませんが。)

興味のあるものがあればぜひご検討を。

合わせてどうぞ