オーディオインターフェイスにノイズが出る時に確認すること5選

こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。

オーディオインターフェイスから再生される音に「プチプチ」「バリバリ」等といったノイズが乗ってしまうことがあります。このような現象が発生した時に確認すべき事項をピックアップしてみました。

レイテンシー

オーディオインターフェイスにつきものな概念として「レイテンシー」があります。

直訳すると「遅延」ですが、そのとおり、コンピューター内の動作に対してアウトプット(スピーカー等で物理的に再生される信号)が遅れて発生する現象です。

これは多かれ少なかれ殆どのオーディオインターフェイスでレイテンシーは発生していると思いますが、とはいえレイテンシーが大きいと使っていて非常に気になるものです。録音なんてやれたものではないですし。

なのでレイテンシーは極力小さく設定したいのですが、レイテンシーを小さくするためには高い PC スペックが求められます。

使用している PC の処理能力を超えた値にレイテンシーを設定してしまうと、もれなくノイズが発生します。最悪 DAW などがフリーズして落ちることも…。

なので、まずはレイテンシーの値を大きくして様子を見てみるのが良いでしょう。

または、PC のバックグラウンドで動作しているアプリケーションなどを終了して、CPU のリソースをレイテンシー処理に明け渡すという方法もアリ。

これらでもし、「許容できないレベルまでレイテンシーを大きくすれば解消する」といった状態だった場合は、PC の買い替え時かも知れませんね…。

PC については下記の記事を参考にして頂ければと思います。

電源供給

USB バスパワーのオーディオインターフェイスあるあるとも言えますが、色々な機器を接続していたりすると電源供給量が足りずに不具合を起こす場合があります。

電源供給や電源の質が十分でないと、オーディオインターフェイスはまるで顔が濡れたアンパンのように力が発揮できなくなってしまいます。

バスパワーで駆動させているオーディオインターフェイスは、AC アダプタを使用してみるというのがひとつの手です。

既に AC アダプタ接続をしているオーディオインターフェイスの場合でも、タコ足配線などで電源の質が下がっている場合は要注意。

これがノイズや音質劣化の原因となっている可能性があり得ます。

タコ足配線をやめてピュアな電源を取れれば良いですが、どうしてもコンセントの数が足りない時は音楽用のパワーディストリビューターを使用した方が良いです。

下記のようなものですね。私も愛用しています。

接続不良

接続不良。これも意外とノイズの原因として多いものです。

ケーブル類がちゃんと挿さっていなかったり、断線してしまっていたりする場合ですね。

オーディオインターフェイスのメインアウトやヘッドフォンアウト、USB ケーブル、AC アダプタなどの接続を一度確認してみても良いかも知れません。

ケーブルの挿さり方が悪いだけで、音質が劣化したり様々なノイズが発生する原因になりますからね。

機材によっては稀にケーブルの挿さり方のスイートスポットが狭いものもあります(ZOOM UAC-2 のフォンのインプットなど)ので要注意です。

ドライバのエラー

PC 内部の処理に何らかのエラーが起きている場合です。

インストールの手順が間違っていたり、他のソフトをインストールやアンインストールした際に何らかの鑑賞が発生したりすることがあります。古い Windows PC だと特に多いかも知れません。

この場合の対処は、オーディオインターフェイスのドライバを一度アンインストールして、再度インストールし直します。

内部的なエラーを見分けるのは正直難しいですが、DAW や PC 自体のフリーズや強制終了が頻発する場合、設定を弄っていたら再生自体が出来なくなってしまった場合などに、この原因を一度疑うと良いかも知れません。

下記も参考までに。(Windows ユーザー向け)

Wi-Fi の電波干渉

Wi-Fi ルーターをはじめとした無線 LAN 機器やスマホなどから発せられている電波。

これらに含まれる磁気ノイズをオーディオインターフェイスが拾ってしまい、ノイズの原因になる場合があります。

物理的にこれらの電波を発する機器をオーディオインターフェイスから遠ざけて様子を見てみると良いと思います。

まとめ

いかがでしょうか。これらのうちの1つがノイズの原因となっている事もあれば、複合的に発生している場合もあると思います。

買ってきたオーディオインターフェイスを設置して動かしてみたらノイズが乗っていた…みたいな事があると割と悲しいですよね。

しかしそんな時はオーディオインターフェイスの初期不良を疑う前に、今回ご紹介した内容を参考に設置環境や接続状態をまず確認していって欲しいなと思います。返品交換とか面倒くさいですからね…。

使っているうちにおかしくなることも勿論あるので、そんな時もやはり機材の故障を疑う前に、設置環境や接続状態を今一度見直してみると良いと思います。意外とそれで直ったりする事もありますのでね。

参考になれば幸いです。