【Black Rooster Audio】VLA-2A レビュー【オプトコンプ】

こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。

Black Rooster Audio の光学式コンプレッサープラグイン、VLA-2A を紹介したいと思います。もはや定番となってきた感のあるプラグインではないでしょうか。

VLA-2A とは

Black Rooster Audio のコンプレッサープラグインです。

VLA-2A という名称からも分かる通り、LA-2A という定番の光学式コンプレッサーをエミュレートしたプラグインになります。

モノとしてはそれ以上でも以下でもないのですが、クオリティの高さから Black Rooster Audio の名を世に知らしめた製品ではないかと思います。凄いデベロッパーが出てきたと話題になっていた記憶がぼんやりとあります。

LA-2A とは

VLA-2A の元となっている LA-2A は、1960年代に登場した光学式(オプト)コンプレッサーで、現在も定番として使われている機種です。

オリジナルは Teletronix というメーカーが作っていましたが、現在は Universal Audio が引き継いでいるみたいです。

有名な製品につき色々なメーカーからコピー品が出ていたりもしますし、VLA-2A のような DTM プラグインも多数存在しています。

光学式コンプレッサーの仕組みは、インプットに反応して発光部品が光り、その光量に応じて音を減衰させるというものらしいです。

LA-2A は更に回路に真空管を用いていることもあり、アタックリリースともに遅くぼんやりとアバウトな掛かり方をするのが特徴です。

この特徴を活かして、ボーカルやストリングスなどの持続的なソースに対して滑らかなコンプレッションをするのが主な使い方になります。

VLA-2A の特徴と使い方

vla-2a

基本的に LA-2A を完全に踏襲しているので、どんなコンプレッサーかについては上述のとおりです。

使い方も至ってシンプルで、「PEAK REDUCTION」でコンプレッション量を決め、「GAIN」でアウトプット音量を決めるだけです。

アタック、リリース、レシオなどの設定はありません。一応、LIMIT モードにするとレシオ∞になりますが、それだけですね。ちなみにアタック遅すぎてリミッターとして使うのは厳しい気がします。

もろもろ細かい調整をするのではなく、完全に機材の特徴を活かして使っていくタイプですね。デジタル系とは正反対です。

VLA-2A のレビュー

やはり、前評判通りとてもぼんやりとした効き方をします。

アタックがとにかく遅いので、初音は大きくなりますが、その後はヌルっとした感じで、若干のつぶれ感を伴いつつ滑らかにコンプレッションされていきます。リリースも遅いので、一旦掛かると掛かりっぱなしという感じです。

確かにこれはボーカル向きです。綺麗に歌い上げる感じのボーカルに良く合う感じがします。

また、真空管による温かみや倍音付加も特徴になっています。

若干ハイ落ちして中低域が膨らみ、サチュレーションが掛かる感じはまさに真空管効果っぽい雰囲気です。といってもプラグインですが…きっと上手く再現しているのだと思います。

これによって通すだけでもややぼやけた感じの LA-2A っぽさを感じることが出来るのが面白いです。

おまけ:LA-2A と LA-3A の違い

Black Rooster Audio にも VLA-2A と VLA-3A という製品がありますが、これは実機に LA-2A と LA-3A があるからです。

LA-3A は、LA-2A の後継機で、コストダウンのために回路が真空管からトランジスタに変更されているのが特徴です。

これによって結構性格が変わっていて、LA-3A は LA-2A に比べてハキハキとしたクリアなコンプレッションが特徴です。(あくまで LA-2A と比べてですが)

VLA-2A と VLA-3A も使い比べてみると面白いです。

個人的にはクリーンボーカルやシンセパッドに VLA-2A、ギターベースやスクリーム系のボーカルには VLA-3A がしっくり来ます。

まとめ

Black Rooster Audio の VLA-2A を紹介しました。

実機を触ったことがないので、実機と比べてどうというのは言えないのですが、かなり特徴的で色付けの強いコンプレッサーだと思いました。

他に所持している LA-2A 系のプラグインと比べると、 VLA-2A は特に色付けが濃い目に感じますね。

とにかく機材の特徴を活かして使うタイプなので、使う時は使うし、使わない時は使わない、と目的や用途がハッキリします。

個人的には、メタルやハードコアのオケに使う機会はまずないですが、アンビエントなトラックなんかには割と使います。

なお購入する際は、セールを狙って購入することをおすすめします。定価だと地味に高いので。

商品情報