【Black Rooster Audio】VLA-3A レビュー【ミドル出る】

こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。

Black Rooster Audio による LA-3A をエミュレートしたコンプレッサー、VLA-3A の感想を書きたいと思います。意外と幅広いソースに使えてオススメです。

VLA-3A とは

VLA-3A は、Black Rooster Audio が販売しているコンプレッサープラグインです。

名前からも分かる通り、LA-3A という有名なヴィンテージコンプをエミュレートした製品になります。

LA-3A のエミュレートプラグインは各社からリリースされていますが、品質に定評がある Black Rooster Audio の製品ということもあってか VLA-3A はなかなか良いです。

Black Rooster Audio VLA-3A

LA-3A とは

VLA-3A の元となっている LA-3A について少し説明を。

LA-3A は、UREI (現 Universal Audio)が1969年に発売した光学式コンプレッサーです。

一応 Reverb.com に中古が出ていましたが、さすがになかなかのお値段。

どんなコンプかというと、これ以前に存在してた Teletronix LA-2A という機種の後継機にあたります。

特徴としては、LA-2A で用いられていた真空管回路がトランジスタに変更されたこと。

恐らくコストダウンのための変更でしょうが、これによって LA-2A とはキャラクターが違うコンプになりました。

LA-2A はアタックもリリースも遅くてヌルっと効きますが、LA-3A はアタック・リリースともそれに比べて速くなり、トランジスタのソリッド感も相まってもう少しシャキっとした感じになります。

もう一つ有名なヴィンテージコンプとして 1176 というものがありますが、あちらのようにパキパキに効くのではなく、あくまで光学式コンプの滑らかさはありつつ、兄貴よりもソリッドになった感じです。

VLA-3A の使い方

基本仕様は実機 LA-3A を踏襲しており、使い方は至ってシンプルです。

使い方は、「PEAK REDUCTION」でコンプレッション量を決め、「GAIN」でアウトプット音量を決めるだけです。アタック、リリースなどは設定できません。

基本的な設定としては、音量を変わらないようにして、GRメーターが -3db ~ -6db くらいに振れる様にする感じですね。

詳細に設定を追い込むのではなく、ある程度機材のキャラクターに委ねるような感じでシンプルに使えます。

VLA-3A のレビュー

音はなんというか、密度感が気持ち良い感じのキャラクターに思います。

通すとミドルからローミッドにかけてギュッと密度感が出てきて「濃い」音になってきます。これによって中音メインのソースには押し出し感も出てくるように感じられます。

Black Rooster Audio 公式の動画でギターに VLA-3A を適用していましたが、確かにこのミドルの密度感はギターと相性良いと思います。

ただ、アタックやリリースは(LA-2Aよりは速いものの)どちらかというと遅めの部類なので、深くかけすぎると初音が飛び出る恐れあり。

ギターのようなダイナミクスを一定にしたいソースには浅く掛けるのが鉄則かなと思います。

またボーカルにかけても LA-2A とは違った感じの魅力があります。

なめらかでありながらも比較的クリアで密度感と艶感が出てくる感じなので、個人的には LA-2A よりも色々なソースに使い所を見いだせます。

おまけ:LA-2A との使い分け方

兄貴 LA-2A 、弟 LA-3A。この2つの使い分け方についてちょっと紹介したいと思います。

LA-2A は、アタックもリリースも非常に遅くぼんやりヌルっと掛かるので、バラードのボーカルなどゆったりした滑らかなソースに良いです。真空管による温かみや倍音付加も特徴といえます。

一方 LA-3A は、ぼんやりした感じはなくて、もっとタイトで明瞭です。かつミドルにパンチが出るのでギターやロックな感じのボーカルなどの力強いソースに有効です。

アタックやリリースは兄貴ほど極端な性格ではないので、兄貴では扱えなかったソースをはじめ、比較的汎用的に幅広いソースに使っていけます。海外では汎用コンプとして定番だという話もどこかで聞いた気がします。

まとめ

Black Rooster Audio VLA-3A をご紹介しました。

個人的な印象としては、 Black Rooster Audio の中では VLA-2A と合わせて初期の名作プラグインではないかと思います。

他社製の LA-3A 系コンプと比べても、やや味付け強めですがミドルのきめ細かい艶やかさがよく出ており、気持ちの良いコンプだと思います。

定価は 129$ で単体のプラグインとしてはそんなに安くはないですが、 Black Rooster Audio は 70%OFF など半額以下のセールとをブラックフライデーを含めて年に何回かやるイメージがあるので、買う際にはセールを狙ってみると良いと思います。

良質なコンプを求めている方は選択肢に入れてみて欲しいプラグインです。

商品情報

Black Rooster Audio VLA-3A