Audiusという音楽アップロードサイトを紹介【使い方】

こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。

ブロックチェーン技術を用いた音楽共有サービス Audius をご存知ですか?2020年代のポスト SoundCloud となり得るのでしょうか?使い方と合わせて紹介します。

Audiusとは

Audius は、ブロックチェーン技術を用いた新鋭の音楽共有サービスです。読みは「オーディアス」又は「アウディウス」だと思われます。

設立が2018年、サービスのローンチは2019年9月ということで、執筆時点でかなり新しいサービスといった感じです。

音楽共有サービスといえば、2000年代には MySpace , 2010年代には SoundCloud が台頭して界隈で有名になりましたよね。

Audius もこれらと同じように自分で音楽をアップして共有できるサービスですが、2020年代は Audius の台頭となるのでしょうか。まだ分かりませんが楽しみな感じはします。

Audius のサイトはこちらになります。

Audiusを支えるブロックチェーン

最近よく聞く言葉ですよね、ブロックチェーン。

Audius が SoundCloud 等と違う点は、Audius はブロックチェーンを用いたシステムを採用しているということのようです。

ブロックチェーンというのはビットコイン等に使われているファイル共有技術ですね。ブロックチェーン自体ビットコインと共に語られることが多く仮想通貨界隈のイメージがありますが、実際はそういうわけではなくシステム開発の形態の1つです。(ただビットコインと共に出てきたの事実です)

ブロックチェーンどこか一箇所に管理を置くのではなく、ユーザー皆で管理権限を分散してその集合体で一つの管理体型とするという考え方です。これによって件のビットコインは銀行のような従来の金融システムを介さずに通貨のやり取りが出来るようになったわけです。

Audius の場合は皆で監視しているために、例えばパクリツイートみたいな著作権犯しがされにくいよ、とのことです。

私自身あまりブロックチェーンに明るくないこともあって、音楽共有サービスにおいてブロックチェーン技術がどう活きてくるのかは正直ちょっと想像がついておらず、SoundCloud らとどこまで差別化になっているのかはよく分かりません。なんとなく目新しい感じには惹かれますが…。

東京Indieさんの記事には以下のようなことが書かれていました。ビットコインのようにドカンと跳ねてくれたら良いですが、信じるか信じないかはあなた次第。

現時点ではアーティストが収益をあげることはできないようですが、将来的には収益の90%はアーティストに、10%はノードオペレーターに分配し、リアルタイムで収益を受け取ることができるようにすることを目指すとのこと。

また、ブロックチェーンを利用して音楽を管理しているので、Audiusでは独自の暗号化トークン(仮想通貨)を発行して、早期にサービスに参加するアーティストやノードオペレーターにインセンティブを与えます。

これにより、今後トークンの価値が上昇すれば、Audius自体も、アーティストもノードオペレーターも収益を上げることができます。

Audiusの使い方

現時点では無料で使えるサービスですので、ものは試しに使ってみましょう。

トップページから登録を進めていくと、SNS のようにまず他のユーザーのフォローを促されます。

Audiusの登録中画面

更に進めると、曲をアップするかプロフィールを埋めるか聞いてきますが、どちらも後回しで大丈夫です。

自分のアカウントが出来ると、フォローしたアカウントを元にフィードが作られてトップに表示されます。やはりSNSっぽいですね。

AudiusのFeed画面

自分のプロフィールページはこんな感じ。一通り項目を埋めて数曲アップをした状態です。

Audiusのアーティストページ画面

スキンは今風にダークモードを選択できました。ダークモード苦手派ですが、暗すぎないダークモードでこれは結構好きですね。私の楽曲のアートワーク類にも合っている(笑)

Audiusのダークモード表示

あとはフォロー先のフィードを見つつ、自分の曲をアップしつつという感じで運用をしていけばOKです。

再三言っていますが、インスタの音楽版みたいな、音楽 SNS っぽい雰囲気がややあるように感じました。

ちなみに、まだ新しいサービス故か、動作が若干不安定なところがあります。またPC向けのネイティブアプリ版がありますが、UI・使い勝手共にブラウザ版と一緒で、敢えてアプリを使うメリットは不明でした。発展途上感が強いですね。

Audiusはまだ盛り上がっていないかも

使ってみた感じ、執筆時点で現状盛り上がっているのは一部のエレクトロ系のジャンルだけといった印象です。

例えば「タグ:METAL」とかで検索しても、私のほぼ再生されていない楽曲が全部出てきてしまうくらい閑散としています。

他の方々の楽曲もヒトケタ再生が多数ですかね。

私が無名なのはともかくとしても、Audius 自体まだまだ一部を除いて盛り上がっていないかなという感じがします。

実際のところ、我々音楽家にとってはブロックチェーン云々よりもサービス自体の盛り上がりの方が重要なポイントですよね。まだかなり新しいサービスですし、その点ではまだまだこれからかなと思います。

まとめ:今後の盛り上がりに期待したい

音楽共有サービスの強みって、そこにシーンが出来ることだと思います。

今では Youtube や各種配信サービスに簡単に流せるようになっていますし、アーティストは別にそっちを使えば済むっちゃ済むわけです。

かつての SoundCloud における Vaporwave 等のシーンのように、そこを中心とした音楽コミュニティが形成されること。この手の共有サービスに期待したいポイントはそういったコミュニティの部分です。

ブロックチェーンを謳い SNS 的な色を打ち出しているなら尚更です。

まだまだ閑散としていますが、2020年代の音楽ジャンルが Audius から生まれるような、今後の盛り上がりに期待したいですね。

私はもうしばらく使って様子を見てみようと思います。

Audius のサイトはこちら。

今回は以上になります。