「Audius」という音楽共有サービスについて【使い方】

こんにちは。Lostmortal@DTMブログ (@lostmortalmusic) です。

ポスト SoundCloud となるかも知れない音楽共有サービス「Audius」。今回はこの Audius が具体的にどんなサービスなのかと、その使い方について紹介します。

Audiusとは

Audius は、ブロックチェーン技術を用いた新鋭の音楽共有サービスです。読みは「オーディアス」又は「アウディウス」だと思われます。

設立が2018年、サービスのローンチは2019年9月ということで比較的新しいサービスです。

音楽共有サービスといえば、2000年代には MySpace 、 2010年代には SoundCloud が台頭して界隈で有名になりましたよね。

Audius もこれらと同じように自分で音楽をアップして共有できるサービスです。

2020年代は Audius の台頭となるのでしょうか。まだ分かりませんが楽しみな感じはします。

Audius のサイトはこちら。

Audiusを支えるブロックチェーン

Audius が従来の音楽共有サービスと違う点は、ブロックチェーンを用いたシステムを採用している点です。

ブロックチェーンというのはビットコイン等に使われている情報共有の技術です。

ブロックチェーンの基本思想は、どこか一箇所に管理を置くのではなく(=非中央集権)、ユーザー皆で管理権限を分散してその集合体で一つの管理体型とするというものです。これによって件のビットコインなどは銀行のような従来の金融システムを介さずに通貨のやり取りが出来るようになりました。

Audius においては、従来の、音楽業界(レコード会社など)がアーティストを搾取するようなあり方を変えたい、そのためにユーザー間で価値を直接交換できるブロックチェーン技術を使っている、というような感じです。

東京Indieさんの記事には以下のようなことが書かれていましたので参考までに。

現時点ではアーティストが収益をあげることはできないようですが、将来的には収益の90%はアーティストに、10%はノードオペレーターに分配し、リアルタイムで収益を受け取ることができるようにすることを目指すとのこと。

また、ブロックチェーンを利用して音楽を管理しているので、Audiusでは独自の暗号化トークン(仮想通貨)を発行して、早期にサービスに参加するアーティストやノードオペレーターにインセンティブを与えます。

これにより、今後トークンの価値が上昇すれば、Audius自体も、アーティストもノードオペレーターも収益を上げることができます。

…何やら難しい話になってしまいましたが、実際の使い勝手は SoundCloud 等と何ら変わりはなく、作った曲をアップロードしたり他のユーザーの曲を聴いて楽しむだけです。

Audiusの使い方

上述の通り、基本的な使い方は登録して曲をアップロードするという SoundCloud 等でやっていた一連の流れです。

登録~曲アップロード流れを説明したいと思います。

トップページから登録を進めていくと、SNS のようにまず他のユーザーのフォローを促されます。

Audiusの登録中画面

フォローして進めると、曲をアップするかプロフィールを埋めるか聞かれます。

ここで入力しても良いし、先に登録を済ませてから後で入力してもOKです。

登録が終わると自分のアカウントができます。アカウントのトップでは、フォローしたアカウントを元にフィードが作られてトップに表示されます。やはりSNSっぽいですね。

AudiusのFeed画面

プロフィールページは下記のような感じ。一通り項目を埋めて曲をいくつかアップロードした状態です。

「Upload A Track」から曲をアップロードできます。

Audiusのアーティストページ画面

スキンは今風にダークモードを選択できました。暗すぎないダークモードでおしゃれかつ見やすいです。

Audiusのダークモード表示

あとはフォロー先のフィードを見つつ、自分の曲をアップしつつという感じで運用をしていけばOKです。

とても簡単でした。

再三言っていますが、インスタの音楽版みたいな、音楽 SNS っぽい雰囲気が強めですね。

ちなみに、まだ新しいサービス故か、動作が若干不安定なところがあります。またスマホアプリ版のほか、PC向けにもネイティブアプリ版がありますが、PC版アプリはUI・使い勝手共にブラウザ版と一緒で、敢えて使うメリットは不明でした。

$AUDIOトークンについて

2020年10月頃に、$AUDIO というトークン(仮想通貨)が発行されました。

$AUDIOトークンは Audius プラットフォームのセキュリティや機能、ガバナンスに関与するトークンとして設計されているそうですが…

何を言ってるかわからねえ。。

とりあえず、$AUDIO を持っていると Audius を有利に使えるようになる…みたいな解釈で良いでしょう。

つまるところはイーサリアムネットワークにおける ETH のようなものだと思いますが、現時点ではまだ具体的に Audius 内で $AUDIO を使って何か出来るわけではなさそうです。

ちなみに $AUDIO は大手仮想通貨取引所の Binance に上場しており、執筆時点では 1$AUDIO=10~20円辺りを推移しているようです。

私は早い時期から Audius に登録していたので、先行者利益として幾らかエアドロップされていました🙏 Audius 側のネクストアクションがあるまで寝かせておきます。

今後の盛り上がりに期待したい

現状新しいサービスということもあってか、サービス自体はまだ大きな盛り上がりは見せていません。

ある程度盛り上がっているかなと思えるのは一部のエレクトロ系のジャンルのみといった印象です。

例えば「タグ:METAL」とかで検索しても、私のほぼ再生されていない楽曲ばかりが出てきてしまうくらい閑散としていますね。。

私が無名なのはともかくとしても、Audius が流行るのにはもう少し時間がかかるかなという感じがします。

実際のところ、我々音楽家にとってはブロックチェーン云々よりもサービス自体の盛り上がりの方が重要なポイントですよね。まだかなり新しいサービスですし、その点ではまだまだこれからかなと思います。

2020年10月時点でユーザーは80万人程度とのこと。確かに秋ごろから私のアカウントにもフォロワーや再生数が徐々に増えてくるようになって、少しづつユーザーが増えて盛り上がり始めている予兆が感じられます。

まとめ

Audius の紹介をさせていただきました。

ブロックチェーン云々でとっつきにくい印象もあるかもしれませんが、実際の使い勝手は SoundCloud 等と同じなので心配は不要でした。

実は、他にもブロックチェーン系音楽サービスはあるんですが、私には使い方が全くわからなくて Audius 以外には参入できていません。

その辺り、Audius はブロックチェーンアプリ特有の発展途上感(一般人には分かりにくく、得体の知れない感じ)をうまく隠して、ユーザーに対しては従来の WEB アプリと同様に扱えるようになっているのが非常にありがたいし、将来性を感じるポイントでもあります。

Audiusに求めること

さて、なんだかんだ言っても結局、音楽共有サービスの強みって、そこにシーンが出来ることだと思います。

かつて SoundCloud から Vaporwave 等のシーンが発生したように、そこを中心とした音楽コミュニティが形成されること。

この手の共有サービスに期待したいポイントはそういったコミュニティの部分です。

SNS 的だったりユーザー間で価値交換ができるような色を打ち出しているなら尚更ですし、ブロックチェーンという言葉のイメージが強いですが、あくまでユーザーにとっての本質はそこではないはずです。

2020年代の音楽ジャンルが Audius から生まれるような、今後の盛り上がりに期待したいですね。

利用のすゝめ

また、トークンの発行が始まっている事もあるので、プラットフォーム上でのトークンの使われ方が整備されてくれば、将来的に Audius 上で誰でも音楽を収益化できる未来が来る可能性は十分考えられます。

サービス自体の使い勝手も良いので、個人的には Audius の利用を推していきたいです。

SoundCloud 等のユーザーの方も、Audius への移行または併用をおすすめします。